だれかおしえて - みずほ点訳
[新規順タイトル表示] [ツリー表示] [新着順記事] [留意事項] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

[No.4883] 標題紙の書名・副書名の文字配置 投稿者:イノッチ  投稿日:2019/12/26(Thu) 15:49:58
[関連記事

「短い書名」に「(前後の棒線を含めて)1行に収まる程度の長さの副書名」が付いている場合、標題紙の文字配置について 教えてください。

(例)ーーーーーーーーーーー

書名:『法華経』
副書名:あなたもブッダになれる

ーーーーーーーーーーーーーーーー

(1)「点訳のてびき第4版」P198で
  「副書名は、書名と行を替え、棒線で囲んで記す」とあり、
  文字配置については触れていません。

(2)指導者ハンドブック第5章編 P63 のポイント解説に、
  「標題紙は全体的に文字をほぼ中央揃えに配置します。」
  とあります。

(3)てびき・指導者ハンドブック・「サピエ図書館」製作基準にある
  点訳例を見ると、書名(+副書名)を囲む枠線は、
  書名または副書名の書き出し位置より 3マス前から
  というものばかりです。

これらを考え合わせて 書いてみると 下記のような文字配置になりました。

■■■!−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−。
■■■■■■■■■■■■『 ホケキョー 』
■■■■■■−−■アナタモ■・ブッ・ダニ■ナレル■−−
■■■リ−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−ロ

ここで、疑問に思ったのは 書名が枠線の始まりより 
かなり奥に入ってしまったことです。
(1)(2)(3)の用例などでは 必ずと言っていいほど、
枠線開始位置から3マス目になっています。
書名は あまり後ろの方からの書き出しでないほうが良い
ということだと考え、書き換えると、今度は
読みやすく1行に書ける副書名を
わざわざ2行に分けて書くことになり、それも読みにくい気がします。

このような場合、皆さんはどのように
書いていらっしゃるのでしょうか。

いろいろなテキストの用例は うまく収まる文字数の場合が多いので、
実際には 参考になるような、ならないような・・・?

書名が奥まっても 気にする必要はないでしょうか?
ご意見いただけたら、助かります。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ ※必須
Eメール
タイトル
URL
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
添付File  ( .txt と .bse のみ。 830kBまで)
暗証キー (英数字で8文字以内)
プレビュー   

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー